人気ブログランキング | 話題のタグを見る

Vol.44 Hayato Nishijima Moskau

今回のダンサーの宝箱はロシア国立バレエ・モスクワ劇場でソリストとして活躍されている西島勇人さんです。

西島さんは、世界で活躍するダンサーが一堂に集結する舞台Bright Stepの代表でもあります。

その舞台が近々に迫っているため、まずはその舞台の応援を込めて、告知からさせていただきます!



ジモモ フランクフルト
人気ブログランキングへ←ランキングに参加しています。ポチッと応援よろしくお願いします!


Vol.44 Hayato Nishijima Moskau_f0258001_18302470.jpg


Bright=「夢・希望」Step=「歩む・成長していく」という意味を持つBright Stepの舞台は今年で4回目。

7月30日にメルパルク東京ホールにて開催されます。各国で活躍する若い世代のダンサーが1年に、この1日限り集まります!

チケットはこちらから。


そしてこちらからは、彼らの活動資金の支援を行うことが出来ます。

支援締め切りまであと10日ということですので、ぜひ皆様、応援をお願いします。


以下、西嶋さんからのコメントです。

BrightStepプロジェクトは、若い自分たちのみで運営していることもあり、資金に関しましては力不足というのが実情です。

そこで私たちの活動資金をクラウドファンディングにてご支援をお願いしております。

クラウドファンディングが僕たちBright Stepの心臓と言っても良いくらい非常に重要な資金となっております。結果次第では、本当に次回に繋がらない可能性が毎回あります。

来年は5年目の節目を迎えます。引き続き継続し、公演やワークショップ・講習会など、様々な形で大勢の方と交流し、もっともっとバレエの魅力を伝え、身近に感じて頂きたいと思っております。そして一人でも多くの方に夢や希望を届け、そして私たちも共に成長していきたいと願っております。

資金というと、大きな金額を想像されるかもしれませんが、私たちのプロジェクトでは、1,000円・3,000円・5,000円・10,000円・30,000円・50,000円・100,000円という形で、皆様のご協力をお願いしております!

ご支援頂ける際にはご登録が必要となり、皆様にはお手数をお掛けしてしまいますが、Facebookのアカウントから認証して登録することも可能ですので、どうぞ宜しくお願い致します。

決済方法と致しましては、クレジットカード又は銀行振込となっております。

サイトの方に目を通して頂くだけでも構いません!

皆様と私たちの想いを共有し、成長していきたいと考えております!

私たちが踊るだけではなく、皆様のご支援、ご協力があってこそ、"Bright Step"は成功すると思っておりますので、皆様のご支援の程何卒宜しくお願い致します!



さて、ここからは西嶋さん自身のことについて、聞いていきたいと思います。101.png



Vol.44 Hayato Nishijima Moskau_f0258001_18354647.jpg

Vol.44 Hayato Nishijima Moskau_f0258001_18354075.jpg



ロシア国立バレエ・モスクワ劇場について教えてください。

バレエ団には35名のダンサーがいます。

ロシア人・オーストラリア人・オランダ人・日本人・スウェーデン人・イスラエル人が所属し、日本人は僕含め2人です。

バレエ団はスタジオと踊る劇場が別なので、所有の劇場はありません。

ロシア文化庁からの指示で、年間どこの劇場で何公演するかが決まるそうです。

最近はモスクワ音楽歌劇場での公演が多いです。

現在のレパートリーはネオクラシックやコンテンポラリーが主です。

ロシアではクラシックのレパートリーがないカンパニーは珍しいです。ロシア人を始め、ヨーロッパやカナダからの振付家さんの作品を上演しております。

ロシアのカンパニーは基本的にロシア語なのですが、外国の振付家や先生が来る事が多いので、英語も話す機会が多いです。ダンサーも皆んなフレンドリーです。



一日のスケジュールを教えてください。

通常の1日は、

11:0012:15レッスン

12:3018:00リハーサル

お昼休憩はありません。笑

リハーサル次第では、時間に空きが出て休めますが、基本的に僕の場合はノンストップで

18時まで動いてます。



Vol.44 Hayato Nishijima Moskau_f0258001_18353538.jpg


どのようにして今のお仕事の夢をつかみましたか?

今のバレエ団には、怪我をして1年間のリハビリ後に入ったバレエ団で、当時働いていた友人から紹介して頂いて、プライベートのオーディションを受けて取って頂きました。


応募者はどれくらいいましたか?

あまり定かではないのですが、昨年あったオーディションでは100人前後受け2人が入団してきました。

頻繁にプライベートで受けに来る方も多いので、オーディション時期というのは無いように感じます。


その成功の鍵はなんだったと思いますか?

自分では成功していると思った事は、正直1度も感じた事がないので。。。

ただ今こうして踊らせて頂けるのは、自分の努力よりも周りの方のサポートやご指導のお陰だと思っております。


数多くのオーディションを受けた末に今の成功を勝ち得た方が多いのですが、あきらめなかった理由は何ですか?

また、海外で働きたい理由はありますか?

諦めない理由は、純粋に踊りが好きなんだと思います。上手い下手は別として、個人的にはバレエやコンテに限らず踊ること自体が好きなので、続けられているのかな?って思います。

海外にこだわる理由は、踊りだけで生活する環境があるとい所が1番の大きなポイントかな?と思います。

そういったシステムさえあれば、素晴らしい先生方やダンサーが日本にも沢山いますので、日本でも踊りたいとも思います。


日本で踊ることと海外で踊ることの違いは何だと思いますか?

舞台で感じることは、日本の床は海外よりも硬いなと思います。お客様がダンサーや作品を評価されるポイントも違うと思います。働く環境はもちろん違うと思います。

ただ怪我した経験からマインド次第で、その違いの感じ方はどの国に居ても踊っていても、プラスにもマイナスになると思っているので、極力自分の居る環境や状況の中でベストを尽くせたらなと思ってます。


留学はされていましたか?

留学は、ロシア国立バレエアカデミー(通称:ボリショイバレエ学校に3年間留学しました。その後、同校の大学に更に5年間教師・バレエマスター科に通い卒業し、教師免許を取得しました。


ダンサーとして思い出に残っている仕事は何ですか?

思い出に残っている仕事は沢山ありますが、自分たちが主催するBright Step公演で、海外で活躍するダンサーたちと一緒に舞台を創り上げ、幕が下りた瞬間は毎年最高に嬉しくホッとします。


大切にしている宝物は何ですか?

これといった宝物はないのですが、怪我した時期の写真や支えてくれた人たちとの写真。そしてブライトのみんなで撮った写真は、当時の色々な想いを振り返ることが出来て、凄く良いモチベーションになってます。


Vol.44 Hayato Nishijima Moskau_f0258001_18352232.jpg



西島さんの次の夢は何ですか?

夢はバレエの持つ魅力や面白さを、様々なアプローチで1人でも多くの人に伝えられたらなと思っております。そして微力だと思いますが、日本のバレエ界に何か貢献が出来るのであれば、何でもトライしてみたいと思います。

7月30日の舞台も楽しみですし、今後の活躍も楽しみです。

教師の資格もお持ちだという事で、今後若手育成にも大きな力を発揮されるのではないかと思います。

お話が聞けてよかったです。

ありがとうございました!



さて、次回のダンサーの宝箱のバトンはどなたが受け取ってくださるのでしょうか?

ハンガリー国立バレエ団の高橋裕哉くんをご紹介させて頂きたいと思っております。

楽しみです!!


というわけで、次回のダンサーの宝箱はハンガリー国立バレエ団高橋裕哉さんです!

お楽しみに!




by Dancerstakarabako | 2018-07-16 18:43