Vol.39 Koya Okawa Tatarstan

今回のダンサーの宝箱はタータルスタン国立アカデミック劇場バレエ団で活躍する大川航矢さんです。


f0258001_03565390.png




まず、、タータルスタンを調べました011.gif

ロシア連邦内の連邦内共和国の一つで首都はカザン市と載っていました。


タタールスタンという国でありながらロシア連邦に所属しているのでとてもややこしいです笑 タータル人のパスポートはロシアのものと一緒なのでやっぱりロシアなのかな?



バレエ団のホームページを見ると日本人が二名載っていました。

界の隅々まで活躍する日本人はいるものですね。あらためて感激しました。003.gif

ダンサーは何名所属していますか?


80人所属しています。

タタール人、ロシア人、ウクライナ人、カザフスタン人など旧ソ連邦の国の方が主に働いています。ブラジルからも4人のダンサーがいます。日本人は僕とパートナーの寺田翠の2人です。



共通語は完全にロシア語ですね。005.gif

どのようなバレエ団でしょうか?


このバレエ団では主にクラシックバレエだけを踊ります。大体20近くのクラシックのレパートリーがあり、それを一年通してバラバラに公演しています。ダンサーのみんなは穏やかでやさしいのでとてもいい雰囲気で働けています。


クラッシックだけとは珍しいですね!005.gif



f0258001_03573137.png




f0258001_03564334.png

バレエ団の一日のスケジュールを教えてください。


役によってリハーサルの時間が違うので決まってはいないのですが、朝10時から1時間レッスンをしてそこから2時までリハーサル。その後リハーサルする時もありますし、

公演がある前日には18時からステージでオーケストラリハーサルがあります。



どのようにして今のお仕事の夢をつかみましたか?023.gif


ここのバレエ団はオープンオーディションが無いので、自分たちでビデオとプロフィールなどを送ってプライベートでオーディションさせてもらいました。



成功の鍵はなんだったと思いますか?


バレエ団の監督さんから気に入ってもらえたみたいです。

ジゼルのペザントや眠れる森の美女のブルーバードなどセカンドソリストの枠が丁度空いていたので、もちろん運もとても良かったと思います。


運がよかったといっても、その必要としているパートをきちんと踊りこなせたからこそつかんだ運ですよね。066.gif

やっぱり日々の積み重ね、準備って大事だなって思いました。しかも気に入ってもらえたなんて。すごい!



数多くのオーディションを受けた末に今の成功を勝ち得た方が多いのですが、

あきらめなかった理由は何ですか? 


アナニアシヴィリと仲間達というガラコンサートのDVDを中学生くらいに観て、ロシアバレエがとても好きになりました。

そこからロシアで働きたいと、なんとなく思っていたのかもしれません。

僕も翠ちゃんもボリショイバレエアカデミーに留学して、そこから一緒に踊っているのですが、やっぱり働く場所はロシア以外では考えられませんでした。自分と似てるライバルがいる日本より自分たちがはまっていける役がたくさん貰えるロシアの方がいいかなと思ったからでもあります。


なるほど~。023.gif

ボリショイバレエアカデミーに留学されていたのですね。

そこから今のバレエ団生活を含めるとロシア一色ですね。005.gif


4年間留学して、卒業しました。



ロシアでの生活、考えただけでも大変そうなのですが、私の思い込みでしょうか?023.gif

気候も厳しい、食事・物資の不足を感じる、危険を感じるときがある、とかはないですか?


ロシアに始めて来たのが2007年でしたが、日本では当たり前のことがないので最初は衝撃的でした。

冬が寒いのはもちろんですが、(そのぶん建物の中は暖房設備がすごいので暖かいです)当時は寮に住んでいて慣れないロシアの食堂のご飯を食べることが出来ないこともありました。コンビニのように便利なお店もないのでとても不便に感じていました。

でも、9年もいると慣れてしまいましたね笑

夏に日本に帰ってくるといつもその便利さに感動してしまいます。

ロシア国内でも街によっては治安の良し悪しが変わって来ます。他の国に接している南の地域は移民がたくさんいて治安が良くないみたいです。

僕が住むカザンは比較的安全な街です。

もちろん、夜の外出は避けてスリにも気をつけてはいるつもりです。

ですが、先日サンクトペテルブルクにコンテンポラリーを振り付けして貰うために1週間くらい滞在した時に地下鉄でパスポートを盗まれてしまいました。

バッグの外ポケットに入れていたのですが気づかないうちに盗まれていたようです。

まだまだ外では気が抜けないと思い知らされました…。


日本に一時帰国したときに便利さに感動する気持ちは私もわかります!

空港に着いた時からすでに感じます011.gif

長く住んでいると危険性を感じなくなってくるのもありますよね。私はドイツなので比較的安全ですが、移民のこともありますし気をつけなきゃなあと思うことは最近多いです。



そんなタタールスタンで仕事以外の時間は何をしていますか?


家が大好きなので引きこもっています。



ダンサーとして思い出に残っている仕事は何ですか?023.gif


ロシアのテレビでビッグバレエというのがあるのですがそれに出して貰えたことです。僕らは第二シーズンだったのですが、第一シーズンではオリガ・スミルノワ、セルゲイ・ポルーニンなどすごいダンサー達が出ていたので、そこで踊って沢山の人に観ていただけでとても嬉しかったです。



ダンス以外で得意なことはありますか?


バレエしかしてきませんでした笑



大切にしている宝物は何ですか

 

死ぬこと以外はかすり傷っていつも思いながら生きています笑 そう思っていたら、とても気持ちが楽になるんです。


たくましい!!005.gif066.gif066.gif




f0258001_03562438.png



日本で踊ることと海外で踊ることの違いは何だと思いますか?


他の海外では分からないのですが、ロシアでは国の対応が1番違うと思います。バレエダンサーは国家公務員なので、お給料も国から出ています。その分チケットもそんなに高く無いし、お客さんも身近に感じていると思います。



大川さんの次の夢は何ですか?


去年リーズの結婚の主役を踊らせて貰えたので、次は違う主役が踊れたらいいなあと思っています。


バレエの本場で主役、すごいですね~!

応援しています!!024.gif071.gif




さて、まだまだ聞きたいことはたくさんあるのですが、次にバトンを受け取ってくださる方をご紹介ください!


ベラルーシ国立ボリショイ劇場の街山貴俊君にバトンを渡したいと思っています!

貴俊君とはロシアのペルミ国際コンクールで初めて会いましたが、正確なテクニックと豊かな表現力がとても素晴らしいダンサーです!


わお!楽しみです!053.gif


というわけで、次回のダンサーの宝箱はベラルーシ国立ボリショイ劇場の街山貴俊さんです!



[PR]

by Dancerstakarabako | 2017-03-29 08:18 | Comments(0)